十勝幌尻岳-札内岳

札内大斜面を求めて12時間。

札内岳に登ろう。

という計画で朝3時に拓成橋で待ち合わせ。

途中、中札内村の橋が落ちていたりして時間ギリギリに到着した。

当初の予定では、札内ピストンだったものの、「意外と天気ええんでないかい?」ということで、「勝幌札内縦走セット・札内大斜面を添えて」のフルコースとなった。

行動は終始スキーだった。雪庇の上の硬いところを探りながら突破して行く。

何箇所か大きな音で崩れたが、崖ではなかったのでそれほどシビアではない。

まずは十勝幌尻ゲット。まだ、札内の方はモヤがかかっていたが、次第に晴れてきた。

先週のホロホロと比べれば、天国みたいな上天気。

正直、ここで下山しても十分に達成感を味わえたと思うが、

「地獄で後悔するより、晴れて後悔したくない」という師匠の言葉に、無言で歩を進めるのであった。

カチポロから札内岳まではアップダウンを繰り返す。

シールつけたまま登ったり降りたりを繰り返すが、シールスキー下手くそでかなり消耗してしまった。

パクさんが元気すぎて、カチポロ以降は終始2番手に甘んじてしまった。

札内大斜面が見えてからさらにペースが上がったようで、かなり水を開けられてしまう。

ラッセルでお力になれず申し訳なかった。まだまだ成長しなくては。

題「天国への階段」(札内岳直下)

そういや、札内岳は「1,895m」と高い山だ。この高さに登るのはトムラウシ以来か。

調子がでないのは空気が薄いせいもあったかもしれない。

そしてテイクオフ。滑走の様子はまた後日、YouTubeで。

札内大斜面全景。コンタ差300だが圧倒的スケール感。

素晴らしい眺めだ。ここに別荘を建てよう。

その後、ピリカペタヌ沢のハーフパイプを豪快に落として行く。日陰で地形が読めず苦労した。

その後、シールを貼り直してトボトボと歩くこと2時間。満身創痍の下山であった。

林道まで出ると、パクさんはあっという間に見えなくなった。明日もお山に行くらしい。

合計距離: 31.18 km
最高点の標高: 1908 m
最低点の標高: 375 m
総所要時間: 12:16:14

今の僕にはこれが限界だ。体力・技術・精神力、総合力を磨かなければ。

前の記事

夕張岳