ΔΔ 山と狐の日常 https://kon-deltafox.com 北海道の山とスキー Mon, 23 Nov 2020 14:34:51 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.5.3 https://kon-deltafox.com/wp-content/uploads/2019/07/cropped-e57b121e7347e52f9338306d430c8677-32x32.png ΔΔ 山と狐の日常 https://kon-deltafox.com 32 32 北大雪スキー場、瀬戸瀬薬師山。二部練。 https://kon-deltafox.com/2020/11/23/%e5%8c%97%e5%a4%a7%e9%9b%aa%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%e5%a0%b4%e3%80%81%e7%80%ac%e6%88%b8%e7%80%ac%e8%96%ac%e5%b8%ab%e5%b1%b1%e3%80%82%e4%ba%8c%e9%83%a8%e7%b7%b4%e3%80%82/ Mon, 23 Nov 2020 14:34:51 +0000 https://kon-deltafox.com/?p=1201

本日は貸切なり。

北大雪スキー場(白滝天狗岳)は、かつて営業していた廃スキー場。現在はキャットツアーによる独占営業が行われている。1日35,000円らしい。セレブ料金だ。お金のない私は、ツアー前の11月中に遊びに行くしかない。

ヤビぃ

斜面は北向きで、日が当たらず寒い。おかげさまで、少ないながらもフレッシュ特上パウダーが保存されている。ラッセルが楽しい。予想通り笹がうざいが、シーズン初めの訓練だと思えばノープロブレム。遠軽在住中は、毎年訪れる価値があるかもしれない。

いつか壊れるリフト。

スキー場TOPまで1時間半。山頂までは雪が繋がっていないので、ここを本日のゴールとする。じわっと汗を掻く朝活でした。

 


ヤブスキーは、ゲーム感覚。癖になる。

こんにちは

調子に乗って滑っていたら、灌木につまづいてウェアに穴が開いちまった。今年で7年目のウェアなので、そろそろ買い替え時かもしれん。

瀬戸瀬山巡礼

下山後は直帰せず、瀬戸瀬薬師山で二部練。落ち葉の表面がカリッカリに凍ってて、テクニカル。

ア族風

山頂まで16分。次は15分切りたい。

箱庭

眼下には石北線の鈍行列車が。お手軽・箱庭感、まるで八剣山のようだった。

]]>
地獄谷(大雪山旭岳) https://kon-deltafox.com/2020/11/21/%e5%9c%b0%e7%8d%84%e8%b0%b7%ef%bc%88%e5%a4%a7%e9%9b%aa%e5%b1%b1%e6%97%ad%e5%b2%b3%ef%bc%89/ Sat, 21 Nov 2020 14:13:29 +0000 https://kon-deltafox.com/?p=1186 11月も末に近づいて、ようやくシーズン・イン。北海道最高峰の旭岳、地獄谷を滑走してきたでやんす。

積雪量はこんな感じ

今年はラニーニャで暖冬多雪らしいが、旭岳でもまだまだ雪不足である。この時期はトレーニングだ。積雪や天気のことは気にせず通岳すべし。肉体と装備の不調を洗い出すのだ。しかし頼みのポンツーン159はメンテ中なので、昔使っていたクンバックを繰り出した。久しぶりのバイペックはやっぱり重い。午後に晴れる予報を信じていざスタート。

スローイン

旭岳で渡渉したのは初めてだわ。笹藪も濃い。気温高めでオーバーヒート気味。

満員御礼

姿見まで、たっぷり2時間半かかった。空は相変わらずダークだが、このあと晴れる予報に期待する。石室では、元気な若者たちがセックン(雪訓)に励んでいた。

神は偉大なり

7号目を超えたあたりで、予報通り雲が抜けて旭岳がこんにちは。半年ぶりに見る大雲海の冬景色に感動を覚える。ここまで頑張った甲斐があった。あと少し。

雲海

旭岳は山頂までスキーで登れるが、9号目からはアイゼンを着けてチェック。装備の不調は無いようだ。

ボッコ健在

山頂には14時到着。どこを滑ろうかしばらく考えていたが、途中で見えた地獄谷に決定。

地獄谷へ

エントリーポイントはこんな感じ。

 

硬めのモナカ雪とちょっぴりのパウダーを味わいました。

20-21シーズン、始まりました。

マンダム。

いわ

所々、でかい岩があって面白い。地獄谷って、思ってたほど難しくなくて名前負けしてる感じがした。雪質次第だが、岩だらけの夏道より安全に下山できると思う。山谷風に言えば【!*】くらいだろうか、いや、あの本のグレードは信用してはならない。山スキー版のグレーディング本があったら便利だろうと思ったが、滑走難易度は雪質に大きく左右されるからあまり意味ないな。

噴気孔マシマシ

噴気孔がお出迎え。落ちたらたぶん死ぬ。

やぶ

藪を掻き分けて下山スキー。登山者がそれなりにいたようで、立派なトレースが出来上がっていた。

ワンちゃん参上!

途中で犬を連れたボーダーとすれ違った。人懐っこくて、なでなでしてやるとスキー板の上でペロペロだった。これはお持ち帰りですわ。

ゆこまそう

下山後、いつもの湧駒荘で汗を流す。この温泉は毎度下山後に使っていたのだが、日帰り600円のはずが1000円に値上がりしててびっくりした。この価格なら、(少し高いけど)サウナ付きのベアモンテに行った方が良い。もしくは旭川の万葉の湯で一泊だな。覚えておこう。

]]>
改名 https://kon-deltafox.com/2020/11/17/%e6%94%b9%e5%90%8d/ Tue, 17 Nov 2020 13:28:34 +0000 https://kon-deltafox.com/?p=1180 「やまとき」に改名します。

「DELTAFOX」として5年ほどやってますが、ちょっと使いづらくなったのでこの名前やめます。なんとなく「デルタフォックス」って発音しづらい気がしてね。

というわけで本日より「山と狐の日常」の「やまとき」です。これで覚えやすくなった(はず)。やっぱ日本人っぽい名前の方がしっくりくるね。入力も楽だし。

 

ブログのドメイン(https://kon-deltafox.com)は今まで通りっす。変更しちゃうと色々厄介なんでね。(そういえば、アメリカにDELTAFOXという名の航空会社がある。こいつのせいで、ブログのドメイン取得時に悩まされた。)

インスタグラムでも名前変えようとしたけど、なぜか名前変更をブロック(14日間)されてしまった。後日忘れずに変えよう。

]]>
仁頃山 https://kon-deltafox.com/2020/11/15/%e4%bb%81%e9%a0%83%e5%b1%b1-4/ Sun, 15 Nov 2020 13:59:26 +0000 https://kon-deltafox.com/?p=1170

256

本日も仁頃山へ。もう少し積雪があれば大雪山方面でスキーでもと考えていたが、平日はよく晴れていたので融けてしまっただろう。というわけで、相変わらずの仁頃山へ。もちしおも一緒に。

つるつる注意報

二週間前よりも冷え込んで、山頂近くは登山道が凍っていた。スピードを出し過ぎると危うく横転するから気をつけよう。夏山装備で仁頃山に登れるのは今回が最後になるだろうな。

下山後に北見にオープンしたスタバに寄り道してみたが、長蛇の列で戦意喪失したのでスルー。定番のノルディックファームのジェラートで〆。

そろそろスキーを使って山を登りたいところだが、仁頃山には冬もお世話になる気がする。だって、このお手軽感が楽しいんだもん。

]]>
瀬戸瀬薬師山 https://kon-deltafox.com/2020/11/07/%e7%80%ac%e6%88%b8%e7%80%ac%e8%96%ac%e5%b8%ab%e5%b1%b1/ Sat, 07 Nov 2020 10:48:49 +0000 https://kon-deltafox.com/?p=1162

RUN & HIKE

秋晴れの週末。せっかくなら遠出したいところだが、PMから用事があるので近場でお茶を濁す。遠軽町の瀬戸瀬薬師山は標高373mのお手軽な山だ。ただ登るだけではもったいないので、自宅からランニングして登山口へ向かうことにする。国道脇は歩道がないので、ビュンビュン飛ばすトラックが通るとちょっと怖い。登山口まで1時間ほど、ウォーミングアップ。

秋も終わり

登山口でもちしお(車)と合流。落葉しきった森の道を行く。ふかふかクッション、眺めも良し。気持ちの良い登山道だったけど、もちしおは歩きづらいと文句を垂れていた。まだまだ修行が足りないようだ。

雰囲気は八剣山

山頂直下は急斜面。登山道を踏み外して変なところから詰めてしまったので、硬い枝にチクチク刺される洗礼を受ける。八剣山っぽくて楽しい。ここを登り切ると遠軽の街並みが見渡せてゴールとなる。所要時間は30分(もちしおタイム)。

我が町、遠軽。

秋晴れだった。久しぶりに2桁の気温で、最後の秋という感じ。紅葉も見納め。来週あたりにスキーかなぁ。まだ何も準備してないや。

遠軽道の駅

下山後は車で楽々の帰宅。途中、道の駅のカフェで一服。PMは用事を済ませ、チューリップ温泉で締め。ただの朝活でした。

]]>
Apple Watch SE https://kon-deltafox.com/2020/11/01/apple-watch-se/ Sun, 01 Nov 2020 12:21:16 +0000 https://kon-deltafox.com/?p=1152

スマートなやつ

Apple Watch SE を購入した。スマートウォッチを使うの自体初めてなんだけど、今のところ買って満足している。

まず、毎日の消費カロリーや睡眠時間、心拍数などのヘルスデータを蓄積してくれる医療用のデバイスとして十分な機能を持っている。長期間使い続けるほど、体調の異変に素早く気が付けるかもしれない。もしかすると、保険料が安くなるなど副次的なメリットもあるかもしれん。続いて、音声認識機能が優秀。運転中の音楽再生やLINEの返信など操作が楽ちん。安全運転に寄与してくれる。そのほか、常に腕につけているのですぐに通知が来る。おかげで、スマホだと返信を忘れがちな案件もすぐに片付く。

仁頃山では、ワークアウトで遊んでいる。登山中もサッとタイムや距離が確認できて参考になる。ときどき心拍数が正確に測れていないけど。

後は、電池がどれくらい持つかが気になるところ。冬山でも使えるかは未知数だが、試す価値はあるだろう。

Apple Watch 6 の方も気になるが、心電図機能は日本じゃ使えないので血中酸素が測れるメリットくらいしかないのでSEで十分だろう。

]]>
10月を振り返る https://kon-deltafox.com/2020/10/31/10%e6%9c%88%e3%82%92%e6%8c%af%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%82%8b/ Sat, 31 Oct 2020 12:00:19 +0000 https://kon-deltafox.com/?p=1142 結婚を機にやるべきことが大量にあって、9月10月は余裕のない毎日を過ごしていたその記録。

新居に引越し

まずは引越作業。単身用のアパートから二人で住める広いところに移り住む。新しい家は広々して暮らしやすそうだが、年季が入っているのでやたら虫が多い印象。とりあえずバルサンぶちかます。新居にWi-Fiを設置するのに時間がかかっていたのもあって、ブログの更新はしばしお休みでした。

秋の定番256

遠出する余裕はないので、片道1時間の仁頃山がちょうどいい。訪れるたびに葉が落ちて風が冷たくなり季節の移ろいを感じる。少し肌寒いくらいの方が、オーバーヒートしないので良いタイムが出せる。

薪ストーブ

お手軽な手稲山

手稲山のパラダイスヒュッテで小屋番。例年なら一般客で賑やかなんだけど、コロナの影響で小屋に泊まれるのは自分一人だけ。でっかいクロスズメバチが襲来してビビらされた。翌朝は、手稲山山頂までランニング。秋晴れ最高。

山岡家に通う人のことを登山家と言うらしい。

今年の4月から集めていた山岡屋のサービス券が50枚溜まった。Tシャツと交換するか、ラーメンと交換するか、真剣に悩んでいる。

]]>
結婚 https://kon-deltafox.com/2020/09/29/%e7%b5%90%e5%a9%9a/ Tue, 29 Sep 2020 11:50:21 +0000 https://kon-deltafox.com/?p=1139

もちしおと結婚しました。今後ともよろしくお願いいたします。

]]>
道東旅行と雌阿寒岳 https://kon-deltafox.com/2020/09/22/%e9%81%93%e6%9d%b1%e6%97%85%e8%a1%8c%e3%81%a8%e9%9b%8c%e9%98%bf%e5%af%92%e5%b2%b3/ Tue, 22 Sep 2020 11:34:11 +0000 https://kon-deltafox.com/?p=1132

野付半島先端の夕陽

納沙布岬

釧路湿原の地平線

雌阿寒岳

ずいぶん前のことだけど、シルバーウィークに道東旅行へ行ってきた。GoToキャンペーンを完全に無視した車中泊の旅で、自由気ままに海沿いをぐるりとドライブ。秋晴れに恵まれた素敵な週末を堪能して参りました。

]]>
地獄谷温泉(スゲ沼沢〜化雲沢) https://kon-deltafox.com/2020/09/06/%e5%9c%b0%e7%8d%84%e8%b0%b7%e6%b8%a9%e6%b3%89%ef%bc%88%e3%82%b9%e3%82%b2%e6%b2%bc%e6%b2%a2%e3%80%9c%e5%8c%96%e9%9b%b2%e6%b2%a2%ef%bc%89/ Sat, 05 Sep 2020 22:23:42 +0000 https://kon-deltafox.com/?p=1114

スコップを背負って

J氏と大雪山。トムラウシの地獄谷へ。アプローチはメジャーなトムラウシ川からではなく、今年オープンしたクチャンベツ沼ノ原から。しとしと雨が降る初日は、とりあえず温泉にたどり着けばOK。特に景色を楽しむこともなく3時間歩いて登山道を外れる。

スゲ沼源頭へ藪漕ぎ

沼を繋いでアプローチすれば多少楽。藪漕ぎ1時間30分。精神的にロス。

スゲ沼の下降

記録の少ないルートばかりを狙うJ氏。今年はヌピナイを含め、ヤバイ沢に行きまくってるらしい。山岳部かよ。そんな沢では無敵のJ氏を必死に追いかけた。

V

熊の気配

スゲ沼沢は、特に難しいところがない。地獄谷へのアプローチとしては、藪漕ぎさえ我慢できれば優秀なルートだ。

化雲沢の唯一の滝

地獄谷温泉到着。そこら中から熱気が湧き出しておる。J氏持参のスコップで浴槽をこしらえた。

ファイヤー

見せられないよ

地獄谷の夜は更ける。

化雲沢の唯一の滝

朝6時にデパ。水量多めの化雲沢。河原歩き1時間半で、写真の滝が出てくる。右岸を難なく直登。

源頭の雰囲気

崖マークに近づくと、雪渓が見えてきた。源頭の雰囲気に癒される。

カール

崖マークは、日高っぽいカール地形だった。ここでテントを張っても良さそうだけど、熊との距離が近い。

雪渓をつめる

硬い。軽アイゼンが欲しくなる。

チングルの楽園

雪渓を攻略して最深部に辿り着くと、そこはチングルマの咲き乱れる楽園。思わず大の字になって、空を眺める至福の時。気分はアルプスの少女。J氏が気持ちよさそうに寝タバコを決めていた。タバコはどうしても好きにはなれんすわー。ここから1時間ほど藪を漕いで夏道に合流。(遠回りして雪渓跡を辿れば、漕がなくても復帰できそう。)

木道のジェットコースター

適当に夏道でクチャンベツヘ。フェルトシューズはツルツル滑っておっかないっす。

ごちそうさまでした。

]]>